LIXIL電動シャッター(旧)

LIXIL電動シャッター 作動不具合の対処の仕方

※スイッチタイプの場合(~2015年2月)

赤の早い点滅の場合
開ランプが赤の速い点滅をするのは以下の原因が考えられます。(故障ではありません。)
  • シャッター加工中に、幅木が異物(人・物など)を感知した場合 シャッターは停止し、自動で上昇して全開で停止します。 (シャッター周辺に異物(人・物など)がないか確認し、取除いてください。)
  • シャッター上昇中に幅木にぶらさがった場合 シャッターはその場で停止します。
  • ロックをかけたまま、シャッターを操作した場合 シャッターはその場で停止します。1度全開にしてから「ロック機構の使い方」を参照して、ロックを解除してください。
  • 強風時に開閉した場合 開時は停止し、閉時は反転上昇します。
  • 手動開閉状態でスイッチを操作して、約1分モーターを連続動作させた場合 シャッターは動きません。
  • 通電中に手動開閉操作をし、途中位置で電動操作に切替えてシャッターを全開にした場合 下枠に当たった後、自動で上昇して全開で停止します。
  • 通電中に手動開閉操作をし、途中位置で電動操作に切り替えてシャッターを全開にした場合 上枠に当たった後、全開で停止します。
開ランプ(赤)早い点滅の解除のしかた

停止スイッチ(3)を押してください。開ランプ(赤)(1)の速い点滅を解除します。解除後、閉ランプ(緑)(4)が遅い点滅をする場合は、開スイッチ(2)を押し、シャッターを全開にしてください。開ランプ(赤)(1)の点灯に変わります。

強風時に異常表示(開ランプ(赤)速い点滅)した場合の操作のしかた

障子を閉め、異常表示を解除した後に開閉してください。
それでも異常を表示する場合は、異常表示を解除せず開または閉スイッチを押続けてください。それでも停止する場合は、動作させないでください。異常表示は操作終了後、解除してください。

赤の遅い点滅の場合
開ランプが赤の遅い点滅をするのは以下の原因が考えられます。(故障ではありません。)
  • 連続して開閉した場合(モーター保護装置が働いてシャッターは動きません。) 10~15分程度休ませてから開閉してください。
開ランプ(赤)遅い点滅の解除のしかた

停止スイッチ(3)を押してください。開ランプ(赤)(1)の遅い点滅を解除します。または5分経過すると、自動で点滅が解除します。点滅は解除しますが、開もしくは閉スイッチを押して、再度点滅する場合は10~15分程度休ませてから開閉してください。

緑の遅い点滅の場合
閉ランプが緑の遅い点滅をするのは以下の原因が考えられます。(故障ではありません。)
  • 1度停電して復帰した場合
  • 全開、全閉しないで5回連続して動作させた場合
開ランプ(緑)遅い点滅の解除のしかた

シャッターがどの位置えあっても、開スイッチ(2)を押し、シャッターを全開にしてください。開ランプ(赤)(1)の点灯に変わり通常動作に戻ります。

リミット調整の仕方

操作表示内容
備考
電源、壁スイッチをつなぐ。閉スイッチを押し全閉する。

電源を入れると閉ランプが遅い緑点滅

停スイッチを長押しする(約4秒以上)
長押しは10秒以内の操作とする。

開ランプ、閉ランプが遅い点滅
停スイッチを離してから、10秒以内に次の操作を行うこと。

閉スイッチを4回続けて押す
3回押したところでシャッターが動きはじめますが、かまわずに4回目を押してください。シャッターが停止して閉ランプが遅い点滅になります。(設定なしの状態になります)
押し続けで作動するモードになるので開閉スイッチで微調整して正しい停止位置にする。

【正しい停止位置】

  • 巾木が下枠に接触している。
  • すらっとのたわみは下から3枚目以下である。

停スイッチを長押しする(約4秒以上)
長押しは10秒以内の操作とする。

開ランプ、閉ランプが遅い点滅
停スイッチを離してから、10秒以内に次の操作を行わない、あるいは違う操作をした場合には通常モードに戻る。

閉スイッチを3回続けて押す
 
自動でシャッターが開動作を行う全開位置までの負荷状態から過負荷の感度を設定する
また、全開位置までのパルス数から下限位置を設定する。

全開後、自動でシャッターが閉動作を行う全閉位置までの負荷状態から過負荷の感度を設定する

全開後、自動でシャッターが閉動作を行う通常動作での全開位置までのパルスの設定をする

開ランプ、閉ランプが早い点滅(2秒間)
設定動作中に異常入力、スイッチ操作をおこなったときは、設定動作を中止し通常モードに戻る
電動復帰の仕方

通電中に手動開閉操作をし、電動操作に切り替えた場合の対処法
  • 全開位置からシャッターを下げて、途中位置で電動に切り替えた場合
    「閉」スイッチを押し、少しシャッターを下げた後、「開」スイッチを押し、シャッターを全開にして下さい
  • 途中位置からシャッターを開閉して、電動操作に切り替えた場合
    「開」スイッチを押し、シャッターを全開にしてください
  • 全閉位置からシャッターを上げて、途中位置で手動に切り替えた場合
    「開」スイッチを押し、少しシャッターを上げた後、「閉」スイッチを押し、シャッターを全閉にして下さい

※上記でも開閉位置がずれている場合は、お手数ですが再度上下限・感度設定をお願いします。

お問い合わせはこちら